買い控えムード蔓延 8月マンション発売「49%減」の衝撃

公開日: 更新日:

 不動産経済研究所が16日に発表した8月の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県)の新築マンション発売戸数は前年同月比49.1%減の2110戸、7カ月連続の減少だった。単月では、リーマン・ショックがあった08年9月(53.3%減)以来の下げ幅というから、衝撃的だ。

 8月は契約率も69.6%と、好不調の目安とされる70%を19カ月ぶりに下回っている。

 同研究所は「契約率を押し上げる人気の大型物件がなかった」と指摘するが、住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。

「そもそも8月は盆休みで客足が鈍るので、一般的に供給も抑え気味になる。それに消費増税前の駆け込み需要で大幅増となった昨年8月の反動と見る向きもありますが、マイホームを買おうという購買意欲も5、6月ごろから下がってきていたことも大きい。消費増税で物価が高くなった割に思ったほど昇給もせず、買い控えムードが広がっていたのです。それもあって開発業者も供給に慎重になっていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る