買い控えムード蔓延 8月マンション発売「49%減」の衝撃

公開日:  更新日:

 不動産経済研究所が16日に発表した8月の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県)の新築マンション発売戸数は前年同月比49.1%減の2110戸、7カ月連続の減少だった。単月では、リーマン・ショックがあった08年9月(53.3%減)以来の下げ幅というから、衝撃的だ。

 8月は契約率も69.6%と、好不調の目安とされる70%を19カ月ぶりに下回っている。

 同研究所は「契約率を押し上げる人気の大型物件がなかった」と指摘するが、住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。

「そもそも8月は盆休みで客足が鈍るので、一般的に供給も抑え気味になる。それに消費増税前の駆け込み需要で大幅増となった昨年8月の反動と見る向きもありますが、マイホームを買おうという購買意欲も5、6月ごろから下がってきていたことも大きい。消費増税で物価が高くなった割に思ったほど昇給もせず、買い控えムードが広がっていたのです。それもあって開発業者も供給に慎重になっていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る