世界で波紋 英紙記事「2050年は試験管ベビーが主流」

公開日: 更新日:

 体外受精にまつわる英国のニュースが話題を呼んでいる。「2050年までに欧米で生まれる赤ちゃんは、不妊治療でなくても、試験管ベビーになる」というのだ。

 驚きの発言をしたのは米スタンフォード大名誉教授のカール・ジェラッシ氏(91)。現在ロンドンに住む彼が9日付英紙デーリー・テレグラフに語ったもの。それが世界で注目を集めている。彼の主張はこうだ。

<西洋社会では、今後、女性の社会進出が進み、出産適齢期の20歳から30歳までに産みたくても産めない人が増える><しかし、体外受精が一般的になれば、男性も女性も精子や卵子を凍結保存することで、子供を産みたいときに産める><若いうちに凍結した精子や卵子は最高の状態で、受精前の遺伝子検査によって、先天的な病を持った子供を産むリスクも、出産に伴う母体へのリスクも減らすことができる><だから、試験管ベビーが主流になり、セックスは、性行為を楽しむだけのものになる>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る