Wi-Fiエリア拡大 利便性に潜む情報ダダ漏れリスク

公開日:  更新日:

 今月1日、東京メトロと東京都交通局が共同で143の地下鉄駅で無料Wi―Fi(無線LAN)サービスの提供をスタートした。すでに、空港をはじめファストフード店や外資系の喫茶店チェーンではおなじみのサービスで、パソコンやタブレットを利用する外国人観光客はもちろん、われわれ日本人も便利になって大歓迎。だが、その一方で、無線LANのセキュリティーについて警告する声が上がっている。

 たとえば、この夏、神戸大の教授が「空港の無線LANで、メールが丸見え」と、ブログで事実を公開した一件にはドキリとした人が多かった。成田、関空などが提供する無料の無線LANサービスが暗号化されていないため、送信したメールの中身や閲覧中のサイトのURLが同じネットワーク利用者から《のぞき見できる状態だ》と指摘したのだ。

 ネットセキュリティーに詳しいトレンドマイクロ(株)の高橋昌也氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る