期限切れ鶏肉 農水省は中国指定施設を5年「放置」していた

公開日: 更新日:

 中国の期限切れ鶏肉問題でマックやファミマはてんやわんやだが、そもそも、ナゲットや空揚げなど中国産の「鶏肉調製品」は、日本の農水省が“お墨付き”を与えた中国国内108の指定施設(25日現在)からしか輸入されない。青く変色した肉を平気で使っていた上海の食品加工会社も指定施設のひとつだ。

 となると、農水省にも責任の一端はあるんじゃないか? きちんと目を光らせていたのか? というか、どうやって指定施設を決めるのか? 農水省の説明はこうだ。

「まず中国政府側から指定の要請があり、農水省の担当者が現地入りして工場を視察し、決定します。調査期間は1施設に大体半日から1日。3、4施設をまとめて1週間ほどで回ります」(動物衛生課担当者)

 指定の条件は鳥インフルエンザ予防がきちんとできているかで、主に工場の加熱処理設備が整っているかをチェックするという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る