期限切れ鶏肉 農水省は中国指定施設を5年「放置」していた

公開日:  更新日:

 中国の期限切れ鶏肉問題でマックやファミマはてんやわんやだが、そもそも、ナゲットや空揚げなど中国産の「鶏肉調製品」は、日本の農水省が“お墨付き”を与えた中国国内108の指定施設(25日現在)からしか輸入されない。青く変色した肉を平気で使っていた上海の食品加工会社も指定施設のひとつだ。

 となると、農水省にも責任の一端はあるんじゃないか? きちんと目を光らせていたのか? というか、どうやって指定施設を決めるのか? 農水省の説明はこうだ。

「まず中国政府側から指定の要請があり、農水省の担当者が現地入りして工場を視察し、決定します。調査期間は1施設に大体半日から1日。3、4施設をまとめて1週間ほどで回ります」(動物衛生課担当者)

 指定の条件は鳥インフルエンザ予防がきちんとできているかで、主に工場の加熱処理設備が整っているかをチェックするという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る