期限切れ鶏肉 農水省は中国指定施設を5年「放置」していた

公開日: 更新日:

 中国の期限切れ鶏肉問題でマックやファミマはてんやわんやだが、そもそも、ナゲットや空揚げなど中国産の「鶏肉調製品」は、日本の農水省が“お墨付き”を与えた中国国内108の指定施設(25日現在)からしか輸入されない。青く変色した肉を平気で使っていた上海の食品加工会社も指定施設のひとつだ。

 となると、農水省にも責任の一端はあるんじゃないか? きちんと目を光らせていたのか? というか、どうやって指定施設を決めるのか? 農水省の説明はこうだ。

「まず中国政府側から指定の要請があり、農水省の担当者が現地入りして工場を視察し、決定します。調査期間は1施設に大体半日から1日。3、4施設をまとめて1週間ほどで回ります」(動物衛生課担当者)

 指定の条件は鳥インフルエンザ予防がきちんとできているかで、主に工場の加熱処理設備が整っているかをチェックするという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る