「今年は備えの年」――五木寛之さん年頭特別寄稿

公開日:  更新日:

 あたらしい年が明けた。

 政治も、経済も、国際情勢も、すこぶる波瀾(はらん)にとんだ昨年だったが、今年はどうか。

 妙におだやかな雰囲気である。暮から新年にかけて海外旅行にでかけた人びとも、空前の数にのぼるという。一見、天下泰平といった感じだ。

 しかし私には、この静謐(せいひつ)な新春が、嵐の前の束の間の静かさのように思われてならない。

 高齢者は自分の老後のことしか考えない。そして若い世代は時代の推移に無関心だ。現実を憂うる人びとは、昔も今も常に少数者である。その結果、歴史はつねに同じ経緯(けいい)をくり返す。

 人間は学習しない動物である。私自身、幾度となく同じあやまちを犯してきた。

 今年はたぶん苦しい年になるだろう。税の重さをあらためてひしひしと感じることになるだろう。アジア諸国との緊張感も高まるだろう。団塊の世代が雪崩(なだれ)をうって高齢者の仲間にくわわり、世代間の対立も激化するだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る