• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「今年は備えの年」――五木寛之さん年頭特別寄稿

 あたらしい年が明けた。

 政治も、経済も、国際情勢も、すこぶる波瀾(はらん)にとんだ昨年だったが、今年はどうか。

 妙におだやかな雰囲気である。暮から新年にかけて海外旅行にでかけた人びとも、空前の数にのぼるという。一見、天下泰平といった感じだ。

 しかし私には、この静謐(せいひつ)な新春が、嵐の前の束の間の静かさのように思われてならない。

 高齢者は自分の老後のことしか考えない。そして若い世代は時代の推移に無関心だ。現実を憂うる人びとは、昔も今も常に少数者である。その結果、歴史はつねに同じ経緯(けいい)をくり返す。

 人間は学習しない動物である。私自身、幾度となく同じあやまちを犯してきた。

 今年はたぶん苦しい年になるだろう。税の重さをあらためてひしひしと感じることになるだろう。アジア諸国との緊張感も高まるだろう。団塊の世代が雪崩(なだれ)をうって高齢者の仲間にくわわり、世代間の対立も激化するだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る