「今年は備えの年」――五木寛之さん年頭特別寄稿

公開日: 更新日:

 あたらしい年が明けた。

 政治も、経済も、国際情勢も、すこぶる波瀾(はらん)にとんだ昨年だったが、今年はどうか。

 妙におだやかな雰囲気である。暮から新年にかけて海外旅行にでかけた人びとも、空前の数にのぼるという。一見、天下泰平といった感じだ。

 しかし私には、この静謐(せいひつ)な新春が、嵐の前の束の間の静かさのように思われてならない。

 高齢者は自分の老後のことしか考えない。そして若い世代は時代の推移に無関心だ。現実を憂うる人びとは、昔も今も常に少数者である。その結果、歴史はつねに同じ経緯(けいい)をくり返す。

 人間は学習しない動物である。私自身、幾度となく同じあやまちを犯してきた。

 今年はたぶん苦しい年になるだろう。税の重さをあらためてひしひしと感じることになるだろう。アジア諸国との緊張感も高まるだろう。団塊の世代が雪崩(なだれ)をうって高齢者の仲間にくわわり、世代間の対立も激化するだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る