市民ランナー川内優輝が伝授 「60日でフルマラソン完走法」

公開日:  更新日:

 第9回東京マラソンは2015年2月22日に開催され、今回も約3万5000人のランナーが有明のゴールを目指す。いつの日か自分も挑戦してみたいと思いながら、ため息をつくお父さんたちに、最強の市民ランナー・川内優輝(27)が、60日間でフルマラソンを完走する方法を伝授する。

――素人が今からトレーニングを始め、フルマラソンを完走できるようになるには、どれくらいの期間が必要ですか?

「人によって違うと思いますが、制限時間の緩い東京マラソン(7時間)などでしたら、30分のジョギングを1キロ10分より速いペースで週に3~4回、2カ月も続ければ完走できるのではないでしょうか。とはいえ、体がなまっている中高年が突然走り始めると膝を痛める可能性があるので、まずは短時間のウオーキングやストレッチから始め、毎日1回、体を動かす習慣をつくることから始めましょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る