市民ランナー川内優輝が伝授 「60日でフルマラソン完走法」

公開日: 更新日:

 第9回東京マラソンは2015年2月22日に開催され、今回も約3万5000人のランナーが有明のゴールを目指す。いつの日か自分も挑戦してみたいと思いながら、ため息をつくお父さんたちに、最強の市民ランナー・川内優輝(27)が、60日間でフルマラソンを完走する方法を伝授する。

――素人が今からトレーニングを始め、フルマラソンを完走できるようになるには、どれくらいの期間が必要ですか?

「人によって違うと思いますが、制限時間の緩い東京マラソン(7時間)などでしたら、30分のジョギングを1キロ10分より速いペースで週に3~4回、2カ月も続ければ完走できるのではないでしょうか。とはいえ、体がなまっている中高年が突然走り始めると膝を痛める可能性があるので、まずは短時間のウオーキングやストレッチから始め、毎日1回、体を動かす習慣をつくることから始めましょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る