60歳が20歳に若返る?話題沸騰“夢の長寿薬”のリアリティー

公開日: 更新日:

「平均寿命が100歳になる」「60歳で出産できる」という触れ込みの“夢の長寿薬”が話題を集めている。その正体は日清製粉子会社のオリエンタル酵母が生産した試薬「NMN」(ニコチンアミドモノヌクレオチド)で、4日放送の「NHKスペシャル」で紹介されて一気に火が付いた。

 米ワシントン大医学部の今井眞一郎博士のグループの研究によると、老化して糖尿病を患うマウスにNMNを投与したところ、症状が劇的に改善。神経細胞を増やす働きも見られたという。

 メカニズムはちょっと複雑だ。軸になるのが、「長寿遺伝子」と呼ばれるサーチュイン遺伝子。平時は休眠状態なのだが、飢餓状態になると増えるNADという物質の働きかけで活性化する。そのNADの原料となるのがビタミンB3で、ビタミンB3がNMNに変化してNADを作る。つまり、サーチュイン遺伝子を叩き起こすNADを量産するために、NMNの摂取が効くというワケ。米ハーバード大の実験では、生後22カ月のマウス(人間の60歳相当)に1週間NMNを与えた結果、筋肉細胞の働きが生後6カ月(人間の20歳相当)までよみがえったという。60歳が20歳に若返ったのだから、確かに“夢の長寿薬”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る