• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不況の反映か 今年のバレンタインは「義理チョコ」が増える

 喜んでいいのか分からないが、今年のバレンタインデーは義理チョコの数が増えそうだ。

 女性414人(平均年齢38・2歳)を対象にしたプランタン銀座の調査によると、義理チョコを用意する女性は69%と前年並みだが、贈る相手には変化が見られた。

 1位は男性上司の58%で、前年比7ポイント増。2位の父親は39%で5ポイント減なのだが、3位の男性同僚は38%と9ポイント増。職場関係の男性宛てが急増しているのだ。

「義理チョコというと、部下の女性が渋々というイメージもありますが、最近は違うようです。義理チョコを職場の人間関係の潤滑油として、純粋に感謝の気持ちを示すために活用しようという女性が増えている。もらった男性は素直に喜んでいいと思いますよ」(同社広報担当者)

 長引く不況で、経費削減、飲み会といった社内イベントも減り、人間関係がギスギスしている職場も少なくない。その裏返しともいえそうだ。

 もっとも、もらったからにはお返しが大変。ちなみに義理チョコの平均予算は、1人につき1267円だ。それより安いものを返したら、評価を下げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る