年間30種類 元祖10円スイーツ「チロルチョコ」誕生秘話

公開日:  更新日:

 14日はバレンタインデー。義理チョコ需要で毎年盛り上がるのが「チロルチョコ」(チロルチョコ(株))だ。

 誕生は1962年。当時高級だったチョコレートを、子どもたちでも買えるようにと10円で販売したのが始まり。狙い通り、独自の製法で実現した「10円のチョコ」は、子どもたちの圧倒的な支持を得た。実はチロルチョコはもともと、3つの山が連なった形状だった。それが現在の一粒サイズに変わったのは価格優先の結果だ。

「73年のオイルショックでコストが上昇したため、20円、30円と値上げしたところ、売り上げが激減。そこで79年、3つ山を『1つ山』に分割し、再び10円での販売を開始した」(企画室室長の佐熊亮寛氏)

 原点回帰は吉と出た。人気は回復し、再びブームとなる。89年には「三拡運動」を推進。地域・チャンネル・購買層の拡大を目指し、コンビニなどでの販売を始めると人気は全国区に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る