• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年間30種類 元祖10円スイーツ「チロルチョコ」誕生秘話

 14日はバレンタインデー。義理チョコ需要で毎年盛り上がるのが「チロルチョコ」(チロルチョコ(株))だ。

 誕生は1962年。当時高級だったチョコレートを、子どもたちでも買えるようにと10円で販売したのが始まり。狙い通り、独自の製法で実現した「10円のチョコ」は、子どもたちの圧倒的な支持を得た。実はチロルチョコはもともと、3つの山が連なった形状だった。それが現在の一粒サイズに変わったのは価格優先の結果だ。

「73年のオイルショックでコストが上昇したため、20円、30円と値上げしたところ、売り上げが激減。そこで79年、3つ山を『1つ山』に分割し、再び10円での販売を開始した」(企画室室長の佐熊亮寛氏)

 原点回帰は吉と出た。人気は回復し、再びブームとなる。89年には「三拡運動」を推進。地域・チャンネル・購買層の拡大を目指し、コンビニなどでの販売を始めると人気は全国区に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る