年間30種類 元祖10円スイーツ「チロルチョコ」誕生秘話

公開日:  更新日:

 14日はバレンタインデー。義理チョコ需要で毎年盛り上がるのが「チロルチョコ」(チロルチョコ(株))だ。

 誕生は1962年。当時高級だったチョコレートを、子どもたちでも買えるようにと10円で販売したのが始まり。狙い通り、独自の製法で実現した「10円のチョコ」は、子どもたちの圧倒的な支持を得た。実はチロルチョコはもともと、3つの山が連なった形状だった。それが現在の一粒サイズに変わったのは価格優先の結果だ。

「73年のオイルショックでコストが上昇したため、20円、30円と値上げしたところ、売り上げが激減。そこで79年、3つ山を『1つ山』に分割し、再び10円での販売を開始した」(企画室室長の佐熊亮寛氏)

 原点回帰は吉と出た。人気は回復し、再びブームとなる。89年には「三拡運動」を推進。地域・チャンネル・購買層の拡大を目指し、コンビニなどでの販売を始めると人気は全国区に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る