「甘栗むいちゃいました」は一口サイズのチョコがヒント

公開日:  更新日:

 クラシエフーズの「甘栗むいちゃいました」は根強い人気だ。市場シェア5割。甘栗菓子のパイオニアは、今も圧倒的な存在感でトップを快走する。

「甘栗むいちゃいました」は1998年、前身のカネボウフーズ時代に「これまでにないカテゴリーの商品をつくれ」という命題のもと誕生した。

 目指したのはヘルシーな菓子。そこで自然素材に着目し、たどり着いたのが「甘栗」だった。具体的な商品設計は、同社のヒット商品(終売)がヒントになった。それはポケットサイズで、手も汚れず、パクッと食べられる一口タイプのチョコ。小腹ふさぎになることから、駅売店でよく売れた。

「当時、むいた甘栗といえば、青果売り場や地方の土産屋などで見かける程度。お菓子のイメージではなく、日もちもしない。それを食べやすくして、内容量35グラム(約7粒)の食べきりサイズにし、アルミ包装を使うことで全国流通を可能にした」(マーケティング室副室長の有賀文威氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る