「甘栗むいちゃいました」は一口サイズのチョコがヒント

公開日: 更新日:

 クラシエフーズの「甘栗むいちゃいました」は根強い人気だ。市場シェア5割。甘栗菓子のパイオニアは、今も圧倒的な存在感でトップを快走する。

「甘栗むいちゃいました」は1998年、前身のカネボウフーズ時代に「これまでにないカテゴリーの商品をつくれ」という命題のもと誕生した。

 目指したのはヘルシーな菓子。そこで自然素材に着目し、たどり着いたのが「甘栗」だった。具体的な商品設計は、同社のヒット商品(終売)がヒントになった。それはポケットサイズで、手も汚れず、パクッと食べられる一口タイプのチョコ。小腹ふさぎになることから、駅売店でよく売れた。

「当時、むいた甘栗といえば、青果売り場や地方の土産屋などで見かける程度。お菓子のイメージではなく、日もちもしない。それを食べやすくして、内容量35グラム(約7粒)の食べきりサイズにし、アルミ包装を使うことで全国流通を可能にした」(マーケティング室副室長の有賀文威氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る