• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「甘栗むいちゃいました」は一口サイズのチョコがヒント

 クラシエフーズの「甘栗むいちゃいました」は根強い人気だ。市場シェア5割。甘栗菓子のパイオニアは、今も圧倒的な存在感でトップを快走する。

「甘栗むいちゃいました」は1998年、前身のカネボウフーズ時代に「これまでにないカテゴリーの商品をつくれ」という命題のもと誕生した。

 目指したのはヘルシーな菓子。そこで自然素材に着目し、たどり着いたのが「甘栗」だった。具体的な商品設計は、同社のヒット商品(終売)がヒントになった。それはポケットサイズで、手も汚れず、パクッと食べられる一口タイプのチョコ。小腹ふさぎになることから、駅売店でよく売れた。

「当時、むいた甘栗といえば、青果売り場や地方の土産屋などで見かける程度。お菓子のイメージではなく、日もちもしない。それを食べやすくして、内容量35グラム(約7粒)の食べきりサイズにし、アルミ包装を使うことで全国流通を可能にした」(マーケティング室副室長の有賀文威氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る