「甘栗むいちゃいました」は一口サイズのチョコがヒント

公開日:  更新日:

 クラシエフーズの「甘栗むいちゃいました」は根強い人気だ。市場シェア5割。甘栗菓子のパイオニアは、今も圧倒的な存在感でトップを快走する。

「甘栗むいちゃいました」は1998年、前身のカネボウフーズ時代に「これまでにないカテゴリーの商品をつくれ」という命題のもと誕生した。

 目指したのはヘルシーな菓子。そこで自然素材に着目し、たどり着いたのが「甘栗」だった。具体的な商品設計は、同社のヒット商品(終売)がヒントになった。それはポケットサイズで、手も汚れず、パクッと食べられる一口タイプのチョコ。小腹ふさぎになることから、駅売店でよく売れた。

「当時、むいた甘栗といえば、青果売り場や地方の土産屋などで見かける程度。お菓子のイメージではなく、日もちもしない。それを食べやすくして、内容量35グラム(約7粒)の食べきりサイズにし、アルミ包装を使うことで全国流通を可能にした」(マーケティング室副室長の有賀文威氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る