• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アイスなのに鮮度が命 「チョコモナカジャンボ」快走のワケ

 森永製菓の主力アイス「チョコモナカジャンボ」が絶好調だ。売上高は2001年から13年連続伸長で、アイスクリーム類市場のトップ(年間単品売上高9年連続1位)を快走する。

 勝因は「パリパリのおいしさ」だ。中央に“板チョコ”を挟んだモナカアイスは、チョコもモナカもパリパリで、まろやかなアイスクリームとのバランスが絶妙。ヒットも納得の完成度である。といっても初めから爆発的に売れたわけではない。72年発売の「チョコモナカ」から始まるロングセラーだが、実は遅咲き。そもそも以前は板チョコが入っておらず、今につながる「チョコモナカジャンボ」の誕生は96年のこと。

「単にチョコを入れるだけなら簡単だが、パキッとした食感がありながらアイスと同じスピードで溶けるチョコとなると簡単ではない。すべては森永独自の技術と配合。アイス専用のチョコを開発して、パリパリ感と口溶けのよさを実現した」(冷菓マーケティング部の山田美希氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る