アイスなのに鮮度が命 「チョコモナカジャンボ」快走のワケ

公開日: 更新日:

 森永製菓の主力アイス「チョコモナカジャンボ」が絶好調だ。売上高は2001年から13年連続伸長で、アイスクリーム類市場のトップ(年間単品売上高9年連続1位)を快走する。

 勝因は「パリパリのおいしさ」だ。中央に“板チョコ”を挟んだモナカアイスは、チョコもモナカもパリパリで、まろやかなアイスクリームとのバランスが絶妙。ヒットも納得の完成度である。といっても初めから爆発的に売れたわけではない。72年発売の「チョコモナカ」から始まるロングセラーだが、実は遅咲き。そもそも以前は板チョコが入っておらず、今につながる「チョコモナカジャンボ」の誕生は96年のこと。

「単にチョコを入れるだけなら簡単だが、パキッとした食感がありながらアイスと同じスピードで溶けるチョコとなると簡単ではない。すべては森永独自の技術と配合。アイス専用のチョコを開発して、パリパリ感と口溶けのよさを実現した」(冷菓マーケティング部の山田美希氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る