• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5カ月ぶり高値 資産防衛ならやっぱり「金」を買うべきか

 世界経済の混乱を背景に、金の現物が5カ月ぶりに高値を更新した。欧州中央銀行(ECB)理事会が量的緩和を決定したことで、需要はさらに高まる見通しだ。地を這うような低金利で預金は話にならないし、アベノミクスに振り回される官製市場は危うい。いつ、日本円が紙クズになってもおかしくない状況だ。やっぱり、安心安全の現物資産、金を貯め込むのが正解なのか。

 ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏はこう言う。
「債券は低利、株は頭打ち、円安進行は当面止まらない。消去法で安全資産とされる金が買われていますが、金には利息がつきません。それに、米国が利上げを実施すれば金は売られ、米ドルにマネーが流れ込むでしょう。金はマーケットが小さいのでドーンと上がりますが、下がるときも一気に落ち込む。リスクは決して小さくありません」

 資産防衛を主軸に投資するのであれば、ボラティリティー(変動率)を抑えるのが鉄則だ。上昇が期待される米ドルは、中国景気などの影響でどうしても値動きが荒くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る