5カ月ぶり高値 資産防衛ならやっぱり「金」を買うべきか

公開日: 更新日:

 世界経済の混乱を背景に、金の現物が5カ月ぶりに高値を更新した。欧州中央銀行(ECB)理事会が量的緩和を決定したことで、需要はさらに高まる見通しだ。地を這うような低金利で預金は話にならないし、アベノミクスに振り回される官製市場は危うい。いつ、日本円が紙クズになってもおかしくない状況だ。やっぱり、安心安全の現物資産、金を貯め込むのが正解なのか。

 ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏はこう言う。
「債券は低利、株は頭打ち、円安進行は当面止まらない。消去法で安全資産とされる金が買われていますが、金には利息がつきません。それに、米国が利上げを実施すれば金は売られ、米ドルにマネーが流れ込むでしょう。金はマーケットが小さいのでドーンと上がりますが、下がるときも一気に落ち込む。リスクは決して小さくありません」

 資産防衛を主軸に投資するのであれば、ボラティリティー(変動率)を抑えるのが鉄則だ。上昇が期待される米ドルは、中国景気などの影響でどうしても値動きが荒くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る