想定外スイス・ショックで相場混乱 暴落でも強い「23銘柄」

公開日: 更新日:

 兜町のジンクス「国策に逆らうな!」を地で行くような相場となっている。

 株式市場は、年初から乱高下が続き、16日も日経平均は前日比で一時516円安まで売られ、終値は244円安の1万6864円だった。スイスの中央銀行が15日、無制限為替介入を突然中止すると発表したため、スイスフランが急騰。極端なユーロ安となり、そのあおりで「円高→日本株安」となったのだ。

「スイスは想定外の悪材料でした。しばらく相場は混乱をきたすかもしれません」(松井証券シニアアナリストの窪田朋一郎氏)

 スイス・ショックは輸出関連を中心に株価を大崩れさせたが、そんななかでも株価を上げた銘柄がある。

「それこそが暴落に強い株です。地合いが悪いなかでも値を上げていく強さがあります。共通項は14年度補正予算に絡んだり、成長戦略によって恩恵を受ける会社です。国策銘柄といえるでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る