市場震撼! “スイス・ショック”に翻弄される日本企業21社

公開日: 更新日:

“スイス・ショック”が世界の金融市場を震えあがらせている。15日にスイスの中央銀行が2011年9月から続けてきた為替の無制限介入を突如中止したことで、スイス・フランが暴騰。対ユーロで一時30%も上昇(ユーロ安でスイス・フラン高)し、金融市場はパニックに陥った。

 ユーロ安に引きずられる形で、円高が出現。円は一時1ドル=115円台と一気に4円も上昇した。

「円高を嫌って、輸出企業を中心に日本株も売られました。スイス・ショックは想定外。しばらく市場に悪影響をもたらすでしょう」(松井証券シニアアナリストの窪田朋一郎氏)

 スイス・フラン暴騰は、FX(外国為替証拠金取引)会社を直撃した。イギリスのアルパリUKは、顧客の膨大な損失を回収できず破綻に追い込まれた。国内のマネックスグループも未回収金が1億6000万円発生したと公表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る