官製相場に拍車 株価乱高下時代の資産“鉄壁”運用術

公開日: 更新日:

 2015年は乱高下相場――大方の市場関係者の見方はこうだ。

「急激な円安による物価高で、家計はきゅうきゅう。アベノミクスがもたらした官製不況に加え、ロシアやギリシャといった欧州リスクも高まっています。株価はいつ崩れてもおかしくない状況ですが、下落したら日銀マネー、年金マネーが国策で買い支えていく。今年は乱高下の繰り返しになるでしょう」(大手証券会社関係者)

 ド素人の個人投資家は手を出しづらいが、一方で給付減、負担増という安倍政権による庶民イジメで老後が不安になる。どうにか虎の子の資産をうまく運用できないものか。

■半年~1年かけて分散投資

 生活マネー相談室代表の八ツ井慶子氏(ファイナンシャルプランナー)がこう言う。
「乱高下=ハイリスクですが、そういう難しい、悩ましい状況の時こそ基本に立ち返るべき。キーワードは『分散』です。投資するにしても一点集中は避ける。買う時期も分散させる。そうやってリスクをコントロールすればいい。安定してうまく運用できている中高年に共通しているのは、感情のブレが少ないということ。一喜一憂するタイプは失敗しがちです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る