4組に1組が…どうする?娘が「デキ婚する」と言い出した

公開日: 更新日:

  少し古いデータだが、厚労省の「出生に関する統計」(2010年)によれば、妊娠期間より結婚期間が短い、いわゆる“デキ婚”は、25.3%(09年)に上った。この傾向は90年代後半から続いており、1980(昭和55)年の10.6%と比べると、激増したともいえる。

 その一方で、ネット上では“デキ婚は離婚率が高い”という指摘も少なくない。有名人ではダルビッシュ有紗栄子安達祐実と井戸田潤らがそうだ。一説には「4割が5年以内に離婚する」とのデータもある。娘の告白に親がオタオタするのは当然か。

■DV癖は婿失格

 家族関係の著書が多いノンフィクションライターの黒川祥子氏が言う。
「24歳だったら、本人の意思に任せていいと思います。娘さんが10代だったら親の出番でしょうがね。ま、万が一、相手が未成年だったら娘を叱るかも。そうではなくて相手が働いていて娘自身が選んだ人であれば、私なら口を出しません。早くキチンと紹介してもらいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る