北陸新幹線の「最高速度」はなぜ東海道新幹線よりも遅いのか

公開日:  更新日:

 3月14日に開業する北陸新幹線。東京─金沢間が最速2時間28分で結ばれ、所要時間は最大1時間20分短縮される。首都圏から北陸は日帰り圏内となり、ビジネス客の往来が飛躍的に増えそうだ。

 共同運行するJR東日本とJR西日本も、航空機に流れていた利用者の取り込みに力を入れる。それぞれ杏と仲間由紀恵をイメージキャラクターに起用し、テレビCMもバンバン流している。5日はマスコミ向け、7、8日は一般向けに試乗会も開催。じわじわと開業ムードを盛り上げているのだ。

 ただ、疑問がひとつ。使われる車両はE7系(JR東日本所有)、W7系(JR西日本所有)と呼ばれる最新鋭モデルである。それでも最高速度は時速260キロ。50年前に開業した東海道新幹線よりも10キロ遅いのだ。30年以上前に開業した東北新幹線は320キロだから、その差は60キロに上る。いったい、なぜ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る