• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カタール航空「日本撤退」報道 欧州格安ツアーが消える?

 カタール航空が日本路線からの撤退を検討していると、ロイター通信が報じている。日本の航空規制が厳しく、儲からないからだという。

 カタール航空が拠点とするドーハは、ヨーロッパへの旅行客が飛行機を乗り継ぐハブ空港として有名だ。燃油サーチャージが安く、ヨーロッパの格安ツアーで利用されることも多い。

「ヨーロッパへの直行便は価格が高すぎて、格安ツアーを組むのが難しい。カタール航空だから低価格が実現できるんです。また、エコノミークラスでシャンパンを飲めるのは、ルフトハンザ航空とカタール航空ぐらい。機内ではアイマスク、靴下、歯ブラシ、耳栓が配られるなど、サービスが行き届いていて、ちょっとした高級感を味わうことができます」(海外添乗員)

 中東のハブ空港としては、エミレーツ航空が拠点とするドバイ、エティハド航空が拠点とするアブダビがあり、それらの航空会社はカタール航空を含め中東“ご三家”と呼ばれている。航空アナリストの杉浦一機氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る