「パリのテロ」と「原油安」の影響で変わる卒業旅行の渡航先

公開日: 更新日:

 フランス・パリのテロ事件や原油安で、これから本格化する学生の「海外卒業旅行」の申し込みにも変化の兆しが出ている。

 都内の旅行代理店によると、卒業旅行で不動の人気だったヨーロッパはテロの影響が“直撃”。パリを避ける傾向が強くなっているほか、シリアが近いトルコ系移民が多いドイツも敬遠されているという。

 かわって人気急上昇なのが、ラオスやカンボジア、フィリピンといった“親日国”の東南アジアだ。

「航空代、滞在費が安い。昔に比べて政情が落ち着き、治安が安定しています。かつては近場で人気だった中国、韓国が敬遠されている分、東南アジアに目を向けているようです」(代理店関係者)

 原油安で2月、3月の燃油サーチャージが平均35%も下落。ハワイなら燃油料が通常より7万8000円も安くなる。遠くの危険な国よりも、近くて安くて安心な国を選んだ方がいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る