イスラム国機関誌が挑発 日本が直面する“隣人テロリスト”

公開日: 更新日:

「イスラム国は2人の日本人を人質に取り、日本の失策を待ち構えていたといったことも書かれている。<なぜそれを忘れていたのか?>と、安倍首相を皮肉っています。自分たちの都合のいいように“後づけ”で書いた可能性はあるにせよ、安倍政権や国民が何を嫌がり恐れるのか。イスラム国が日本の状況を熟知していることは、疑いようがありません」(外務省関係者)

■日本のシンパが集めた情報で心理戦

 軍事ジャーナリストの神浦元彰氏も、「日本人の“情報提供者”がいるとみて間違いないでしょう」とこう続ける。
「日本にいるシンパから集めた情報をもとに、メディアを駆使して揺さぶりをかける。イスラム国は心理戦を仕掛けるのがうまい。怖いのは、それに刺激される“愉快犯”が現れることです。日本にも職がないなど、政府に不満を持っている若者がいる。それこそ、爆弾マニアや毒物マニアもいる。イスラム国に乗じて世間を騒がせてやろうという孤独な“予備軍”が大勢いるわけです。単独で行動する『ローンウルフ(一匹狼)』の犯行を未然に防ぐのは、なかなか難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る