専門家がアドバイス 転校生の友達作りは“受け身”がいい

公開日: 更新日:

 遊び仲間に殺害されたとみられる川崎市の中学1年生、上村遼太くんは島根県からの転校生だった。年度替わりで転勤する人にとっては、人ごとではないだろう。転勤は、役所の手続きや仕事の引き継ぎ、新しい住まいの確保などで親もバタバタだが、子供にとっても新しい学校になじめるか不安が大きいはず。

 子供は、そんな不安を少しでも早く解消しようと、新しいクラスで自分から友達をつくろうと話しかけるかもしれない。しかし、大阪産業大客員教授・八幡義雄氏(初等教育)は、「悪い生徒に巻き込まれるリスクという点に着目するなら、転校生の友達づくりは受け身の方がいい」という。

「悪い生徒はイジメ相手を常に探していますが、いきなり声を掛けてつかまえるのはまれ。相手を待つ傾向があります。だから、“地雷”を踏まないためには、転校生とクラスの橋渡しをしてくれるような子が声をかけてくれるのを待った方が無難なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る