専門家がアドバイス 転校生の友達作りは“受け身”がいい

公開日: 更新日:

 遊び仲間に殺害されたとみられる川崎市の中学1年生、上村遼太くんは島根県からの転校生だった。年度替わりで転勤する人にとっては、人ごとではないだろう。転勤は、役所の手続きや仕事の引き継ぎ、新しい住まいの確保などで親もバタバタだが、子供にとっても新しい学校になじめるか不安が大きいはず。

 子供は、そんな不安を少しでも早く解消しようと、新しいクラスで自分から友達をつくろうと話しかけるかもしれない。しかし、大阪産業大客員教授・八幡義雄氏(初等教育)は、「悪い生徒に巻き込まれるリスクという点に着目するなら、転校生の友達づくりは受け身の方がいい」という。

「悪い生徒はイジメ相手を常に探していますが、いきなり声を掛けてつかまえるのはまれ。相手を待つ傾向があります。だから、“地雷”を踏まないためには、転校生とクラスの橋渡しをしてくれるような子が声をかけてくれるのを待った方が無難なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  8. 8

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る