【国吉】豪快な練り物の仲卸といえば…

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は純白のミンク帽姿で独特のオーラを放つ、「練り物」専門の仲卸です。

 それはもう、貫禄たっぷり。主に練り物を扱う「国吉」社長の三宅洋右さん(74)は先代から店を引き継ぎ、場内で仲卸業を営むこと半世紀以上。話しかけるのを躊躇せずにはいられない雰囲気と見た目をお持ちの方ですが、実際はとても気さくで優しい。りりしいお顔立ちともなれば、若い頃にはさぞ……と察する次第です。

 屋号は父の名。開業当時は番頭を任せていた従業員の名も冠し「成圭国吉」だったそうです。ちなみにご本人の名前は、祖父が懇意だったという日独伊三国同盟を結んだ外務大臣・松岡洋右にあやかってつけられたもの。なんだか、ただならぬ家柄のようですが、「親父や祖父から聞いた話なんだけどね……」と切り出したエピソードはなかなかドラマチック。先祖は戦国時代に柴田勝家の下で活躍した佐々家に仕えたご仁で、その後、御命を受け、400人の家来を引き連れ、北海道の富良野に開拓に渡ったとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る