【幸軒】毎日食べたい! 正統派のしょうゆラーメン

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点にする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は昔ながらのしょうゆラーメンがいただける中華屋さんです。

 日本人の味覚中枢をくすぐるやさしい味わい。奇をてらうことない正統派のしょうゆ味で、毎日すすりたくなってしまう。築地6丁目にある「幸軒」のラーメン(600円)は、まさにそんな一杯です。

 澄んだ鶏ガラのスープに細縮れ麺、自家製チャーシュー2枚と手作業で丁寧に割かれたシナチク、そして小口切りのネギが鎮座。

「この界隈で昔ながらのしょうゆラーメンが食べられるのは『幸軒』だけ」と地元住民の方から教えてもらって駆けつけましたが、本紙記者もすっかりファンになってしまいました。

 清掃の行き届いたピカピカの店内。昼どきにもなれば10席ちょっとの客席は界隈の会社員やOLさんで大賑わいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る