• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【蔵葡KURABUU(くらぶうう)】日本ワインで勝負!

 地域密着型で粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は激戦区の中でもピカイチ、日本ワインがおいしく楽しく飲めるバルです。

 東は築地・八丁堀を含む新富町、西は代々木――。飲食業界では、東京のワインバル激戦区として両エリアが注目を浴びているそうです。

「日本ワインをもっと気軽に飲んで欲しい」

 こう話すのは、「蔵葡KURABUU」(くらぶうう)店長の大塚裕敬さん(33)。日本ワインの裾野を広げるべく、今年4月にオープンしました。築地警察署の裏手にある“秘密基地”のようなバルですが、鼻の利くのんべえたちが夜な夜な集まってきます。

 常時200種をストックするワインはすべて日本で生産されたもの。加えて日本酒と焼酎はもちろん、ウイスキーと、すべてメード・イン・ジャパンという徹底ぶりです。ラインアップの並々ならぬこだわりは、酒販店「いまでや」(本社・千葉)が母体だから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る