【蔵葡KURABUU(くらぶうう)】日本ワインで勝負!

公開日: 更新日:

 地域密着型で粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は激戦区の中でもピカイチ、日本ワインがおいしく楽しく飲めるバルです。

 東は築地・八丁堀を含む新富町、西は代々木――。飲食業界では、東京のワインバル激戦区として両エリアが注目を浴びているそうです。

「日本ワインをもっと気軽に飲んで欲しい」

 こう話すのは、「蔵葡KURABUU」(くらぶうう)店長の大塚裕敬さん(33)。日本ワインの裾野を広げるべく、今年4月にオープンしました。築地警察署の裏手にある“秘密基地”のようなバルですが、鼻の利くのんべえたちが夜な夜な集まってきます。

 常時200種をストックするワインはすべて日本で生産されたもの。加えて日本酒と焼酎はもちろん、ウイスキーと、すべてメード・イン・ジャパンという徹底ぶりです。ラインアップの並々ならぬこだわりは、酒販店「いまでや」(本社・千葉)が母体だから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  3. 3

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  9. 9

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  10. 10

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

もっと見る