JFK人気健在 特別展来場者は過去最多、グッズ品切れ続出

公開日:  更新日:

 平日の昼間というのに、展示品を囲む人だかり。雑談のヒソヒソ話ひとつ聞こえないギャラリーで、来場者が一点一点、3分、あるいは5分かけて、食い入るように眺めている。

「JFK―その生涯と遺産」展(国立公文書館、来月10日まで会期中無休、入場無料)が連日、見学者であふれかえっている。

 没後50年以上経つが、ジョン・F・ケネディ元米大統領人気は健在だ。開始から約1カ月半で来場者は、すでに2万6000人超。特別展では過去最多という。

「米ボストンの『ジョン・F・ケネディ大統領図書館・博物館』と共催で実現まで1年半要しました。ケネディの直筆入り演説原稿を含め、11点お借りしました」(同館の公文書専門官・小原由美子さん)

 1943年、ケネディが乗っていた魚雷艇「PT―109」が日本の駆逐艦「天霧」に衝突され遭難した際、救助を求めるメモを彫ったヤシの実を加工した「ペーパーウエート」や、海軍時代の「ドッグタグ」など海外“初公開”の品が揃う。暗殺で“未公開”になった日本国民へのメッセージ音声もあり感慨深い。直筆草稿と当日原稿を見ながら、就任時の演説音声を聞くのも楽しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る