JFK人気健在 特別展来場者は過去最多、グッズ品切れ続出

公開日: 更新日:

 平日の昼間というのに、展示品を囲む人だかり。雑談のヒソヒソ話ひとつ聞こえないギャラリーで、来場者が一点一点、3分、あるいは5分かけて、食い入るように眺めている。

「JFK―その生涯と遺産」展(国立公文書館、来月10日まで会期中無休、入場無料)が連日、見学者であふれかえっている。

 没後50年以上経つが、ジョン・F・ケネディ元米大統領人気は健在だ。開始から約1カ月半で来場者は、すでに2万6000人超。特別展では過去最多という。

「米ボストンの『ジョン・F・ケネディ大統領図書館・博物館』と共催で実現まで1年半要しました。ケネディの直筆入り演説原稿を含め、11点お借りしました」(同館の公文書専門官・小原由美子さん)

 1943年、ケネディが乗っていた魚雷艇「PT―109」が日本の駆逐艦「天霧」に衝突され遭難した際、救助を求めるメモを彫ったヤシの実を加工した「ペーパーウエート」や、海軍時代の「ドッグタグ」など海外“初公開”の品が揃う。暗殺で“未公開”になった日本国民へのメッセージ音声もあり感慨深い。直筆草稿と当日原稿を見ながら、就任時の演説音声を聞くのも楽しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る