• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JFK人気健在 特別展来場者は過去最多、グッズ品切れ続出

 平日の昼間というのに、展示品を囲む人だかり。雑談のヒソヒソ話ひとつ聞こえないギャラリーで、来場者が一点一点、3分、あるいは5分かけて、食い入るように眺めている。

「JFK―その生涯と遺産」展(国立公文書館、来月10日まで会期中無休、入場無料)が連日、見学者であふれかえっている。

 没後50年以上経つが、ジョン・F・ケネディ元米大統領人気は健在だ。開始から約1カ月半で来場者は、すでに2万6000人超。特別展では過去最多という。

「米ボストンの『ジョン・F・ケネディ大統領図書館・博物館』と共催で実現まで1年半要しました。ケネディの直筆入り演説原稿を含め、11点お借りしました」(同館の公文書専門官・小原由美子さん)

 1943年、ケネディが乗っていた魚雷艇「PT―109」が日本の駆逐艦「天霧」に衝突され遭難した際、救助を求めるメモを彫ったヤシの実を加工した「ペーパーウエート」や、海軍時代の「ドッグタグ」など海外“初公開”の品が揃う。暗殺で“未公開”になった日本国民へのメッセージ音声もあり感慨深い。直筆草稿と当日原稿を見ながら、就任時の演説音声を聞くのも楽しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る