GW旅行は「中国」が穴場 人気回復のヒミツは“4つのお得”

公開日: 更新日:

 今月末から、ゴールデンウイーク(GW)だ。海外に行くなら、今年は「中国」が穴場らしい。

 旅行大手JTBは2日、GW(4月25日~5月5日)の旅行動向を発表。国内旅行人数は、昨年比3%増の2335万9000人で、過去最高の一方、海外旅行は同0.4%減の50万2000人。飛び石連休で、遠出しにくく、テロが頻発するなど国際情勢の関係で、欧州旅行者が同9.8%減少したのが大きい。

 だが、短期間で楽しめるアジアは人気だ。昨年7月「成田―ダナン線」などが就航したベトナムのほか、LCCの拡大でキャパシティーが広がった台湾、シンガポール、タイ、マレーシアも増加している。で、意外にも人気なのが中国。

 ここ数年、日本人観光客の足が遠のいていたが、今年は前年比4.2%増。背景に、値ごろ感がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る