東京メトロでバカ売れ 美容飲料「お嬢様聖水」本当の意味は?

公開日: 更新日:

「お嬢様聖水」と呼ばれるドリンクをご存じか。

 今年4月から東京メトロで販売され、1日に最高で2000本以上を売り上げている人気の炭酸飲料水だ。ネット上では「どの駅で売っているんだ?」と大騒動にまで発展している。

 本紙記者も数駅を探し歩き、販売している売店を発見。さっそく購入し、試飲してみた。

 1本190ミリリットルで、210円(税込み)。缶のパッケージには、美女のイラストが施され、何やら淫靡な雰囲気が漂う。コップに注ぐと、やや濃い黄色の炭酸水だ。味は甘めで栄養ドリンクのようだった。

 実はこれ、美容と健康を目的とした“女性用”として販売された。しかし、「お嬢様聖水」というネーミングと缶のイラストが受け、30~40代のビジネスマンに大人気となっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る