アッという間に品切れ 青森「ニンニクコーラ」の凄まじい人気

公開日:  更新日:

 ニンニク入りコーラが人気沸騰中だ。

 今年1月に発売された「ジャッツ タッコーラ」は、1本200ミリリットルで300円(税込み)。ニンニクの名産地で知られる青森県田子町ガーリックセンターが開発した。一口飲むと普通のコーラだが、その後ニンニクの香りが口の中に広がる。ただし、ニンニク独特の臭みは後に残らない。粉末状のニンニクを少なめに使用しているからだという。

 1月の販売本数は1万本を突破。当初の販売目標「月間500本」を大きく上回り、2月中旬には品切れ状態に。大々的な宣伝はかけなかったが、「ニンニク&コーラ」という斬新な組み合わせが受け、インターネットを中心に一気に人気に火がついた。癖になる味にリピーターも続出中だという。

「ニンニクの加工食品は巷にあふれていますが、今までとは全然違った商品を作ろうと思い、開発しました。サイダーでもなくラムネでもなく、コーラとニンニクの相性が抜群にいい。滋養強壮剤としての問い合わせもありますが、あくまでも飲料水です。手にした時の笑顔が元気の源になってくれるとうれしいですね」(発売元の田子町ガーリックセンター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る