アッという間に品切れ 青森「ニンニクコーラ」の凄まじい人気

公開日: 更新日:

 ニンニク入りコーラが人気沸騰中だ。

 今年1月に発売された「ジャッツ タッコーラ」は、1本200ミリリットルで300円(税込み)。ニンニクの名産地で知られる青森県田子町ガーリックセンターが開発した。一口飲むと普通のコーラだが、その後ニンニクの香りが口の中に広がる。ただし、ニンニク独特の臭みは後に残らない。粉末状のニンニクを少なめに使用しているからだという。

 1月の販売本数は1万本を突破。当初の販売目標「月間500本」を大きく上回り、2月中旬には品切れ状態に。大々的な宣伝はかけなかったが、「ニンニク&コーラ」という斬新な組み合わせが受け、インターネットを中心に一気に人気に火がついた。癖になる味にリピーターも続出中だという。

「ニンニクの加工食品は巷にあふれていますが、今までとは全然違った商品を作ろうと思い、開発しました。サイダーでもなくラムネでもなく、コーラとニンニクの相性が抜群にいい。滋養強壮剤としての問い合わせもありますが、あくまでも飲料水です。手にした時の笑顔が元気の源になってくれるとうれしいですね」(発売元の田子町ガーリックセンター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る