• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「キユーピーマヨネーズ」のコクとうま味は卵黄がキモ

「キユーピーマヨネーズ」が今年3月、発売90周年を迎えた。1925年に日本で初めてのマヨネーズとして誕生以来、圧倒的存在感で市場をリード。国内シェアは現在7割近くに及ぶが、勢いはいまも加速中だ。

 キユーピーマヨネーズは、キユーピー創始者の中島董一郎氏が日本人の体格向上を願って生み出した調味料である。アメリカでマヨネーズと出合い、そのおいしさと栄養価の高さに感銘。日本でも栄養豊富なマヨネーズを発売しようと考えたのがはじまりだ。その後、関東大震災後の復興をきっかけに生活の洋風化が進むのを見て、いまならいける! と確信。25年、ついに日本初のマヨネーズの発売を開始する。

 日本の食卓に根付かせるため、一貫して商品とセットで食べ方の提案をしてきた。その結果、何にでも合う万能調味料として人気が定着。サラダはもちろん、炒め物や焼き物、乳化を応用した裏ワザメニューなど用途の広さで支持を集めている。ポイントは卵だ。世界的には全卵タイプが主流だが、キユーピーマヨネーズは卵黄タイプ。つまりコクとうま味のある黄身のみをたっぷり使用することで、さまざまな料理に合うマヨネーズになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る