「キユーピーマヨネーズ」のコクとうま味は卵黄がキモ

公開日: 更新日:

「キユーピーマヨネーズ」が今年3月、発売90周年を迎えた。1925年に日本で初めてのマヨネーズとして誕生以来、圧倒的存在感で市場をリード。国内シェアは現在7割近くに及ぶが、勢いはいまも加速中だ。

 キユーピーマヨネーズは、キユーピー創始者の中島董一郎氏が日本人の体格向上を願って生み出した調味料である。アメリカでマヨネーズと出合い、そのおいしさと栄養価の高さに感銘。日本でも栄養豊富なマヨネーズを発売しようと考えたのがはじまりだ。その後、関東大震災後の復興をきっかけに生活の洋風化が進むのを見て、いまならいける! と確信。25年、ついに日本初のマヨネーズの発売を開始する。

 日本の食卓に根付かせるため、一貫して商品とセットで食べ方の提案をしてきた。その結果、何にでも合う万能調味料として人気が定着。サラダはもちろん、炒め物や焼き物、乳化を応用した裏ワザメニューなど用途の広さで支持を集めている。ポイントは卵だ。世界的には全卵タイプが主流だが、キユーピーマヨネーズは卵黄タイプ。つまりコクとうま味のある黄身のみをたっぷり使用することで、さまざまな料理に合うマヨネーズになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る