「キユーピーマヨネーズ」のコクとうま味は卵黄がキモ

公開日:  更新日:

「キユーピーマヨネーズ」が今年3月、発売90周年を迎えた。1925年に日本で初めてのマヨネーズとして誕生以来、圧倒的存在感で市場をリード。国内シェアは現在7割近くに及ぶが、勢いはいまも加速中だ。

 キユーピーマヨネーズは、キユーピー創始者の中島董一郎氏が日本人の体格向上を願って生み出した調味料である。アメリカでマヨネーズと出合い、そのおいしさと栄養価の高さに感銘。日本でも栄養豊富なマヨネーズを発売しようと考えたのがはじまりだ。その後、関東大震災後の復興をきっかけに生活の洋風化が進むのを見て、いまならいける! と確信。25年、ついに日本初のマヨネーズの発売を開始する。

 日本の食卓に根付かせるため、一貫して商品とセットで食べ方の提案をしてきた。その結果、何にでも合う万能調味料として人気が定着。サラダはもちろん、炒め物や焼き物、乳化を応用した裏ワザメニューなど用途の広さで支持を集めている。ポイントは卵だ。世界的には全卵タイプが主流だが、キユーピーマヨネーズは卵黄タイプ。つまりコクとうま味のある黄身のみをたっぷり使用することで、さまざまな料理に合うマヨネーズになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る