「キユーピーマヨネーズ」のコクとうま味は卵黄がキモ

公開日: 更新日:

「キユーピーマヨネーズ」が今年3月、発売90周年を迎えた。1925年に日本で初めてのマヨネーズとして誕生以来、圧倒的存在感で市場をリード。国内シェアは現在7割近くに及ぶが、勢いはいまも加速中だ。

 キユーピーマヨネーズは、キユーピー創始者の中島董一郎氏が日本人の体格向上を願って生み出した調味料である。アメリカでマヨネーズと出合い、そのおいしさと栄養価の高さに感銘。日本でも栄養豊富なマヨネーズを発売しようと考えたのがはじまりだ。その後、関東大震災後の復興をきっかけに生活の洋風化が進むのを見て、いまならいける! と確信。25年、ついに日本初のマヨネーズの発売を開始する。

 日本の食卓に根付かせるため、一貫して商品とセットで食べ方の提案をしてきた。その結果、何にでも合う万能調味料として人気が定着。サラダはもちろん、炒め物や焼き物、乳化を応用した裏ワザメニューなど用途の広さで支持を集めている。ポイントは卵だ。世界的には全卵タイプが主流だが、キユーピーマヨネーズは卵黄タイプ。つまりコクとうま味のある黄身のみをたっぷり使用することで、さまざまな料理に合うマヨネーズになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る