育毛研究100年の資生堂 画期的成分見出した「研究の大転換」

公開日:  更新日:

 2015年は資生堂にとって、大きな節目の年だ。大正4年(1915年)に始めた同社の育毛研究が、今年でちょうど100年を迎えたからだ。

 資生堂は1915年、脱毛を防ぎフケを減らすヘアトニック「フローリン」を発売した。英語で“流れるような美しい髪”(=FLOWLINE)をイメージして名付けられた「フローリン」は、たちまち世間の評判に。生みの親である初代社長の福原信三氏は、その後も薬学に基づいた高品質な化粧品を次々とつくり出した。

 さらに1982年(昭和57年)、当時「美白」「抗老化」「育毛」を3大研究テーマに掲げていた同社は、育毛剤「薬用不老林」を発売し、これが大ヒット。薄毛に悩む男性から最も親しまれるブランドに成長したのは、誰もが知っているだろう。

■ベテラン研究員を必死で説得

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る