5月は全国30度超えも…夏本番は「冷夏になる」と専門家指摘

公開日: 更新日:

 5月というのに暑い。26日は、全国928地点のうち福島以南の100地点で30度以上の真夏日を記録。27日も気温がグングン上昇し、東京の5月としては1876年以降、最多となる19日目の夏日(最高気温25度以上)になるのは確実で、2日連続の真夏日になりそうだ。

「例年は高気圧と低気圧が交互に通って、日本列島に雨をもたらすのですが、今年は高気圧が勢力を保っているため、晴天が続き、雨が少ない。そのため、暑さが続いているのです」(ウェザーマップの気象予報士・長谷部愛さん)

 5月の夏日が2番目に多かった98年は、7月に群馬県上里見町で当時の最高の40.3度を記録したほか、東京・大手町でも36度超になるなど、関東から西はとにかく暑かった。5月の暑さは、夏本番の猛暑を呼ぶのか。

「暑さは6月までで、7月から一転、冷夏になりそうです」と言うのは、海洋研究開発機構アプリケーションラボ所長の山形俊男氏だ。海面水温の変化と大気循環から気象を読み解く世界的第一人者で、猛暑や厳冬をズバズバ的中させている。今や“通常気象”になりつつある猛暑を免れるとはいえ、喜んでばかりはいられない。「この夏は長梅雨と集中豪雨に襲われる可能性が高い」というのだ。山形氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  8. 8

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  9. 9

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る