専門家が指摘 「5年以内に東京直下大地震」恐怖のシナリオ

公開日:  更新日:

 日本列島がグラグラしている。口永良部島・新岳が噴火したのに続き、小笠原のM8級大地震で47都道府県が揺れた。箱根山のほか全国の山々で、昨年の御嶽山のような大噴火を予感させる煙が上がっている。

 これだけ日本列島で不穏な動きが相次ぐと、本格的な大地震や大噴火の予兆と考えるのが当然だろう。実際、いま日本全国で起きていることは、9世紀に巨大地震が日本列島を襲った時とソックリなのだ。武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)が言う。

「最も恐れられているのは、首都・東京を直下とする大地震です。東京での大地震は、200年周期と考えられていましたが、全国で相次ぐ地震や火山の報告から、3・11をキッカケに地殻変動が活発化し、200年周期が狭まったと見ていい。3・11とほぼ同じエリアだった869年の貞観地震(M8超)が発生した9年後には、首都直下の相模・武蔵地震が発生したこともあり、首都直下型地震が恐れられているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る