日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筑波大チームが衝撃データ 3・11クラス巨大地震再来か

 衝撃のデータだ。

 東日本大震災の震源域のエネルギー状態が、震災前と同じレベルに戻った可能性があるという。今後は3.11と同じマグニチュード9クラスの巨大地震が、いつ発生しても不思議ではないというのだ。
 筑波大などの研究チームが、3日に英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」に発表した。

 研究チームは、98年から現在まで東北沖のプレートで起こる地震活動を精査。プレートにかかる力の蓄積状態が、震災後2~3年で元の水準に近づいたと分析。大震災で放出されたエネルギーが、従来考えられているよりもはるかに短期間で回復しているという。また、滑り込むプレートで起こる巨大地震は、マグニチュードや発生間隔が不規則であるとも結論付けている。

■震源域でエネルギーが急速回復

 研究チームのひとり、筑波大のボグダン・エネスク准教授はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事