まもなく本番 「夏登山」で命を落とさない“最低限の知恵”

公開日: 更新日:

 先週、青森・秋田の県境の田代岳で行方不明の親子が10日ぶりに救出された。大館市の女性(77)と長男(57)がタケノコ採りのために山に入って遭難。2人は沢の水を飲み、山菜を食べて飢えをしのいだという。

 まもなく夏がやってくる。登山の季節だ。だが、夏登山には思わぬ落とし穴が待ち構えている。日本山岳協会事務局長の尾形好雄氏はこうアドバイスする。

「夏山で怖いのが雷と熱中症です。暑い日差しで山腹が暖まり、上昇気流が起きて積乱雲が発生。急に空が曇り、雷が落ちます。山の尾根筋を歩いているときだと、ほかに突起物がないため人間を直撃するのです。熱中症は知らないうちに脱水症状を起こすケースが多い。喉が乾かなくてもオシッコの回数が少なくなったら黄信号。電解質のスポーツドリンクなどを飲んでください。ドライ梅干しや塩をまぶしたキュウリを食べるのも効果的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る