震災時の“駆け込み寺”は備蓄品充実の「大型商業施設」が一番

公開日: 更新日:

 大地震はいつ襲ってくるか分からない。得意先回りや出張中など、外出中にドスンということも十分にある。

 そんなとき、一時避難場所として真っ先に取り上げられるのが、小中学校や公園などの避難所だが、自宅や会社の近くならともかく、出先の避難所を把握している人は少ないだろう。そんなときは、どこに逃げ込めばいいか。

 災害危機管理アドバイザー・和田隆昌氏が言う。

「繁華街やオフィス街なら避難所の場所が分からなくても、丸ビルや六本木ヒルズなどの大型商業施設、オフィスビルは分かるはず。逃げ場所に困ったときは、そういうところに一時避難して、揺れが収まるまで待つのが無難。古い雑居ビルは倒壊したり、ガラスの破片や看板などが落下したりする危険がありますが、大手不動産会社の高層ビルは建築基準法の耐震レベルを上回る最新技術で建てられていて、そういう心配がありません。一時避難場所としては最適です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る