「サントリー黒烏龍茶」はスリムなボトルで若者世代が支持

公開日:  更新日:

 サントリー食品インターナショナルが展開する、食事の脂肪対策トクホ(特定保健用食品)飲料「サントリー黒烏龍茶」が今年3月、味わい・パッケージともに生まれ変わって絶好調。サントリーウーロン茶ブランド全体を盛り上げている。

 独自のブレンド・製法による「サントリーウーロン茶」が誕生したのは1981年のこと。

「飲料といえば、甘味のあるものがほとんどの時代。無糖で健康的な飲料を提案したいと考え、ウーロン茶に着目した」(食品事業本部ブランド戦略部の中村友美氏=写真)

 当初から一貫して、濃くて脂をさっぱりカットする“健康食中茶”という独自価値を徹底して訴求。そのぶれないベースがあるからこそ「黒烏龍茶」の成功もある。

 サントリーウーロン茶を発売以来、ウーロン茶に含まれるポリフェノールの研究を続けてきた同社。半発酵の過程でつくられるウーロン茶特有のポリフェノールに、脂の吸収を抑制する効果があることがわかり、06年5月に“ウーロン茶重合ポリフェノール”を豊富に含む「サントリー黒烏龍茶」を発売する。初年度から620万箱を売る大ヒット。翌年(07年1~12月)は1010万箱を突破した。以来、順調に成長を続け、10年目の今年、初の全面リニューアルとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る