• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

葛西海浜公園に海水浴場“復活” 東京湾の水質は安全なのか

 東京都が都内で開く海水浴場が話題になっている。今月18日~8月30日までの土日とお盆の3日間、「葛西海浜公園」(江戸川区)を海水浴場としてオープンする社会実験を始めるのだ。

 かつて東京には葛西のほか大森海岸、芝浦など各所に海水浴場があったが、高度経済成長期の環境破壊や埋め立て工事で1960年代に水質が悪化し、姿を消した。ところが、12年から東京都公園協会とNPO法人が海水浴のイベントを開催。昨夏は18日間で計1万5000人が訪れるなど好評だった。

 今回は本格的な海開きである。今月25、26日はお台場海浜公園でも同様のイベントを開催予定。城南島海浜公園でも検討中という。

 しかし、日本の海というと、大腸菌や有害物質に汚染されているイメージが強い。目や口から汚染される心配はないのか。東京都に問い合わせたら、こんな回答だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る