• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

味の素「ジーノ」アミノ酸成分たっぷりの化粧品

 化粧品業界は近年、異業種の参入が相次いでいるが、味の素の「ジーノ」はそのパイオニア的存在。1997年の発売以来、抜群のうるおい力を誇るアミノ酸スキンケアブランドとして存在感を発揮している。

 うま味調味料で知られるアミノ酸。食品メーカーの化粧品ということで、確かに異業種参入ではあるが、1909年にうま味調味料「味の素」を発売以来、アミノ酸研究を続ける味の素にとってはごく自然な流れだった。

「研究を進める中で、人の肌が保有する保湿剤(天然のうるおい成分)であるアミノ酸は、肌が本来持っている力を引きだし、健康的な肌に整えることを発見。72年に、肌にも環境にもやさしいアミノ酸系洗浄成分『アミソフト』を世界で初めて発売した」(化成品部の田中祐之氏=写真)

 現在では世界約50カ国、3000社以上に化粧品用アミノ酸などを供給。つまり、化粧品業界において原料メーカーとしての実績があった。そのうえでの自社ブランド開発。検討を始めたのは94年のことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る