• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新幹線「模倣犯」に注意…専門家に聞いた“安全な席”の選び方

 日本中がゾッとした新幹線放火事件。この事件で改めて考えさせられるのが新幹線に乗る際の安全確保だ。これから模倣犯が出てこないとも限らない。どんな点に注意すればいいのか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏はこうアドバイスする。

「通常の家屋の火災では有毒ガスがいったん上にのぼったのち下におりてきますが、新幹線のような密閉空間ではそのまま水平に移動します。ガスが広がるスピードが速いため、1秒でも早く逃げて隣の車両に移らなければなりません。不審者が刃物を振り回すような事件でも同じ。素早い動きが重要です。これから新幹線に乗るときは、海外旅行のような緊張感が必要ともいえます」

 緊急警報装置と消火器はデッキに設置されている。緊急警報装置はマイクを通じて肉声でトラブルを知らせるシステムなので、使い方を間違えないようにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る