新幹線「模倣犯」に注意…専門家に聞いた“安全な席”の選び方

公開日: 更新日:

 日本中がゾッとした新幹線放火事件。この事件で改めて考えさせられるのが新幹線に乗る際の安全確保だ。これから模倣犯が出てこないとも限らない。どんな点に注意すればいいのか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏はこうアドバイスする。

「通常の家屋の火災では有毒ガスがいったん上にのぼったのち下におりてきますが、新幹線のような密閉空間ではそのまま水平に移動します。ガスが広がるスピードが速いため、1秒でも早く逃げて隣の車両に移らなければなりません。不審者が刃物を振り回すような事件でも同じ。素早い動きが重要です。これから新幹線に乗るときは、海外旅行のような緊張感が必要ともいえます」

 緊急警報装置と消火器はデッキに設置されている。緊急警報装置はマイクを通じて肉声でトラブルを知らせるシステムなので、使い方を間違えないようにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る