新幹線「模倣犯」に注意…専門家に聞いた“安全な席”の選び方

公開日:  更新日:

 日本中がゾッとした新幹線放火事件。この事件で改めて考えさせられるのが新幹線に乗る際の安全確保だ。これから模倣犯が出てこないとも限らない。どんな点に注意すればいいのか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏はこうアドバイスする。

「通常の家屋の火災では有毒ガスがいったん上にのぼったのち下におりてきますが、新幹線のような密閉空間ではそのまま水平に移動します。ガスが広がるスピードが速いため、1秒でも早く逃げて隣の車両に移らなければなりません。不審者が刃物を振り回すような事件でも同じ。素早い動きが重要です。これから新幹線に乗るときは、海外旅行のような緊張感が必要ともいえます」

 緊急警報装置と消火器はデッキに設置されている。緊急警報装置はマイクを通じて肉声でトラブルを知らせるシステムなので、使い方を間違えないようにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る