新幹線「模倣犯」に注意…専門家に聞いた“安全な席”の選び方

公開日: 更新日:

 日本中がゾッとした新幹線放火事件。この事件で改めて考えさせられるのが新幹線に乗る際の安全確保だ。これから模倣犯が出てこないとも限らない。どんな点に注意すればいいのか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏はこうアドバイスする。

「通常の家屋の火災では有毒ガスがいったん上にのぼったのち下におりてきますが、新幹線のような密閉空間ではそのまま水平に移動します。ガスが広がるスピードが速いため、1秒でも早く逃げて隣の車両に移らなければなりません。不審者が刃物を振り回すような事件でも同じ。素早い動きが重要です。これから新幹線に乗るときは、海外旅行のような緊張感が必要ともいえます」

 緊急警報装置と消火器はデッキに設置されている。緊急警報装置はマイクを通じて肉声でトラブルを知らせるシステムなので、使い方を間違えないようにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  9. 9

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  10. 10

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る