誕生から125年 「エビスビール」の強みは技術の伝承にあり

公開日:  更新日:

 ゴクッ……、ひと口飲んだ後の残り香のような苦味が忘れられないファンは多い。ご存じ、ヱビスビールは、サッポロビールの前身、日本麦酒醸造會社が、本格的なドイツビールを目指して1890年に発売したのが始まりだ。

■125年にわたり守り継がれた“歴史ある”ビール

 当時の名称は、「恵比寿麦酒」。価格は1本20銭ナリ。コーヒー1杯が1銭の時代で、かけそばでも10人前の価格に匹敵する超高級品だった。以来、戦争を挟んで製造を中断した時期はあったものの、125年にわたり守り継がれた唯一無二の貴重なブランドである。

 現在、この歴史あるビールの宣伝をはじめ、ブランド戦略を担当する責任者が、入社17年目の桑原敏輝マネジャー(39)だ。

「ヱビスの担当になって2年半。当初は『自分がヱビスをやれるんだ』と、やる気満々、毎日ワクワクして出社してました。が、最近は違いますね。何より当社の基幹ブランドで、経営に直結するような責任を負っていますから。これまでヱビスを飲み続けてくれたお客さまとどうやって絆を深めるか、新しいお客さまといかにして接点をつくっていくかと、プレッシャーを感じない日はありません。これまでヱビスに関わってきた先輩方もたくさんいますしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る