お湯の“白濁”再現に腐心 バスクリン「日本の名湯」開発秘話

公開日:  更新日:

 1930年に発売されて以来、多くの入浴剤ファンに支持され続けている芳香浴剤「バスクリン」。同商品とともに、株式会社バスクリンの看板商品といえるのが温泉入浴剤「日本の名湯」シリーズだ。1986年9月に発売され、来年で30年目になる。

■現在も続く2泊3日の「温泉探索」

 1980年代前半まで入浴剤市場はバスクリンのほぼ独壇場だった。そんな中、1983年にライバルメーカーがお湯につけると炭酸ガスが発生する炭酸入浴剤を発売。顧客を大きく奪われることはなかったが、入浴剤市場全体が大きく広がった。そこで経営サイドは、市場のさらなる拡大を狙って新しいものをつくる方針を打ち出し、それまで存在しなかった本格的な「温泉入浴剤」の開発に着手した。

 同社の販売管理部販売促進課マネジャーの石川泰弘氏は言う。

「入浴剤をより本物の温泉に近づけることを目標に、製剤の研究者、香りの調香師、商品企画の担当者を3人1組にしたチームが結成され、全国各地の温泉を回りました。温泉の成分は温泉分析表を調べれば分かりますが、つかったときのヌルヌル感やきしみ感といったお湯の感触、温泉地の景色などの雰囲気は、実際に現地に行ってみないと分かりませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る