お湯の“白濁”再現に腐心 バスクリン「日本の名湯」開発秘話

公開日:  更新日:

 1930年に発売されて以来、多くの入浴剤ファンに支持され続けている芳香浴剤「バスクリン」。同商品とともに、株式会社バスクリンの看板商品といえるのが温泉入浴剤「日本の名湯」シリーズだ。1986年9月に発売され、来年で30年目になる。

■現在も続く2泊3日の「温泉探索」

 1980年代前半まで入浴剤市場はバスクリンのほぼ独壇場だった。そんな中、1983年にライバルメーカーがお湯につけると炭酸ガスが発生する炭酸入浴剤を発売。顧客を大きく奪われることはなかったが、入浴剤市場全体が大きく広がった。そこで経営サイドは、市場のさらなる拡大を狙って新しいものをつくる方針を打ち出し、それまで存在しなかった本格的な「温泉入浴剤」の開発に着手した。

 同社の販売管理部販売促進課マネジャーの石川泰弘氏は言う。

「入浴剤をより本物の温泉に近づけることを目標に、製剤の研究者、香りの調香師、商品企画の担当者を3人1組にしたチームが結成され、全国各地の温泉を回りました。温泉の成分は温泉分析表を調べれば分かりますが、つかったときのヌルヌル感やきしみ感といったお湯の感触、温泉地の景色などの雰囲気は、実際に現地に行ってみないと分かりませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る