お湯の“白濁”再現に腐心 バスクリン「日本の名湯」開発秘話

公開日: 更新日:

 1930年に発売されて以来、多くの入浴剤ファンに支持され続けている芳香浴剤「バスクリン」。同商品とともに、株式会社バスクリンの看板商品といえるのが温泉入浴剤「日本の名湯」シリーズだ。1986年9月に発売され、来年で30年目になる。

■現在も続く2泊3日の「温泉探索」

 1980年代前半まで入浴剤市場はバスクリンのほぼ独壇場だった。そんな中、1983年にライバルメーカーがお湯につけると炭酸ガスが発生する炭酸入浴剤を発売。顧客を大きく奪われることはなかったが、入浴剤市場全体が大きく広がった。そこで経営サイドは、市場のさらなる拡大を狙って新しいものをつくる方針を打ち出し、それまで存在しなかった本格的な「温泉入浴剤」の開発に着手した。

 同社の販売管理部販売促進課マネジャーの石川泰弘氏は言う。

「入浴剤をより本物の温泉に近づけることを目標に、製剤の研究者、香りの調香師、商品企画の担当者を3人1組にしたチームが結成され、全国各地の温泉を回りました。温泉の成分は温泉分析表を調べれば分かりますが、つかったときのヌルヌル感やきしみ感といったお湯の感触、温泉地の景色などの雰囲気は、実際に現地に行ってみないと分かりませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る