お湯の“白濁”再現に腐心 バスクリン「日本の名湯」開発秘話

公開日: 更新日:

 1930年に発売されて以来、多くの入浴剤ファンに支持され続けている芳香浴剤「バスクリン」。同商品とともに、株式会社バスクリンの看板商品といえるのが温泉入浴剤「日本の名湯」シリーズだ。1986年9月に発売され、来年で30年目になる。

■現在も続く2泊3日の「温泉探索」

 1980年代前半まで入浴剤市場はバスクリンのほぼ独壇場だった。そんな中、1983年にライバルメーカーがお湯につけると炭酸ガスが発生する炭酸入浴剤を発売。顧客を大きく奪われることはなかったが、入浴剤市場全体が大きく広がった。そこで経営サイドは、市場のさらなる拡大を狙って新しいものをつくる方針を打ち出し、それまで存在しなかった本格的な「温泉入浴剤」の開発に着手した。

 同社の販売管理部販売促進課マネジャーの石川泰弘氏は言う。

「入浴剤をより本物の温泉に近づけることを目標に、製剤の研究者、香りの調香師、商品企画の担当者を3人1組にしたチームが結成され、全国各地の温泉を回りました。温泉の成分は温泉分析表を調べれば分かりますが、つかったときのヌルヌル感やきしみ感といったお湯の感触、温泉地の景色などの雰囲気は、実際に現地に行ってみないと分かりませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る