花粉症で1人年間59万円 「体調不良社員」で被る会社の損失額

公開日:  更新日:

「いや~、昨日も飲み過ぎちゃったよ」

 二日酔いで職場の椅子にどっかと座り、午前中は仕事にかかる様子がない隣の同僚。タイムカード上は同じ時間働いていることになるが、実質の勤務時間となると雲泥の差だ。「それで同じ給料かよ!」と愚痴のひとつもこぼしたくなる……。

■企業にとっては大きなマイナス

 体調不良のまま出勤すれば、注意力が散漫だったりして生産性は劣る。

 これらの経済損失はなかなか数字には出にくいが、意外なほどコストがかかっているようだ。患者数は国内3000万人。日本人の国民病である花粉症はどうか。花粉症の社員と、そうでない社員とでは、どれくらい生産性に差があるのか?

 米ダウ・ケミカル社が1万人の社員を対象にアレルギーやうつ病などによる業務遂行の損失を計算している。それによると、花粉症を含むアレルギーによる損失は、1人当たり年間5000ドル(約59万5000円)。同じく関節炎とぜんそくが約6000ドル(約71万4000円)、首・肩痛などが7000ドル(約83万3000円)、うつ病は1万5000ドル(約178万5000円)となった。米のみならず、日本企業にとっても無視できない数字だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る