花粉症で1人年間59万円 「体調不良社員」で被る会社の損失額

公開日:  更新日:

「いや~、昨日も飲み過ぎちゃったよ」

 二日酔いで職場の椅子にどっかと座り、午前中は仕事にかかる様子がない隣の同僚。タイムカード上は同じ時間働いていることになるが、実質の勤務時間となると雲泥の差だ。「それで同じ給料かよ!」と愚痴のひとつもこぼしたくなる……。

■企業にとっては大きなマイナス

 体調不良のまま出勤すれば、注意力が散漫だったりして生産性は劣る。

 これらの経済損失はなかなか数字には出にくいが、意外なほどコストがかかっているようだ。患者数は国内3000万人。日本人の国民病である花粉症はどうか。花粉症の社員と、そうでない社員とでは、どれくらい生産性に差があるのか?

 米ダウ・ケミカル社が1万人の社員を対象にアレルギーやうつ病などによる業務遂行の損失を計算している。それによると、花粉症を含むアレルギーによる損失は、1人当たり年間5000ドル(約59万5000円)。同じく関節炎とぜんそくが約6000ドル(約71万4000円)、首・肩痛などが7000ドル(約83万3000円)、うつ病は1万5000ドル(約178万5000円)となった。米のみならず、日本企業にとっても無視できない数字だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る