ラグビー五郎丸で注目 「ルーティン」で仕事も前向きなれる

公開日:  更新日:

「歴史的大勝利」「スポーツ史上最大の番狂わせ」と国民を熱狂させたラグビー日本代表。優勝候補の南アフリカを下した原動力はフルバックの五郎丸歩(29)で、両チーム最多の24得点を挙げた。

 この五郎丸がゴールを狙う際のしぐさが話題になっている。ボールを2度回転させてセットし、3歩下がってから左に2歩移動。ボールを前に押し出すのをイメージし、呪文のように両手の指を合わせてキックする。

 こうした行為を「ルーティン」と呼ぶ。陸上選手のボルトが走る前に十字を切り、内村航平が跳馬の際に狙いを定めるように両手を伸ばすのもルーティン。自己を精神的に安定させて実力を100%発揮するのが目的で、五郎丸はルーティン効果によってキックの成功率が高まったという。

 ならばサラリーマンもルーティンを取り入れたいもの。ビジネス術に詳しい心理学博士の鈴木丈織氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る