ライフネット生命会長指南 「仕事に嫌気」で読みたい“良薬本”

公開日:  更新日:

 うるさい上司と喧嘩、あるいは残業が多い職場に嫌気が差した――。「仕事をやめてやる!」と思ったことがあるサラリーマンは多いはず。今回は読書の秋にちなんで、「仕事をやめたくなった」時、“良薬”になる本を考えた。

 指南役は、「読書をしたいからゴルフをやめた」というほどの無類の本好きで、「本の『使い方』」(KADOKAWA)などの著書もある、ライフネット生命の出口治明会長。“出口式”の気持ちを立て直す3ステップ読書術とは――。

■STEP1 クールダウン

「預言者」
カリール・ジブラン著、佐久間彪訳
至光社 825円

 レバノンの詩人・哲学者である著者が100年前、アラビア語で書いた散文詩。労働、喜びと悲しみ、友情など普遍的なテーマを取り上げ、美しい言葉で語りかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る