弁護士が指南 自宅マンション「欠陥」で取るべき手順と対処法

公開日:  更新日:

 自分が住むマンションに欠陥が見つかったら、どうしたらいいのか。

「まず最初にすべきことは、弁護士と建築士に相談することです。こうした専門家のアドバイスを受けずに業者側と交渉しようとすると、知識も経験も豊富な業者側にごまかされるおそれがあります」

 こう言うのは、欠陥住宅被害全国連絡協議会(通称・欠陥住宅全国ネット)の高木秀治弁護士だ。たとえば屋根防水の欠陥による雨漏りを、業者が欠陥を直さないまま、雨漏り箇所の仕上げ材だけを修繕してごまかすケースもある。

「このような場合、時間が経つとまた雨漏りが起こります。しかし、業者が欠陥をごまかしてその場しのぎの修繕を繰り返していると、時効の関係で、欠陥の責任を取らせることができなくなる場合もあります。新築の場合、時効は引き渡しから10年ですが、中古の場合は契約書の内容次第で、売り主が個人の場合には1年以下というケースもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る