気象庁こっそり「気温上昇予測」 この冬はいったいどっちなの

公開日:  更新日:

 あの寒さは何だったのか。関東や東北などで12月上旬並みの寒さを記録した2日から一転、3日は気温がグングン上昇。東京や名古屋では20度を回復するなど、秋前半を思わせるような暑さだった。一日で1カ月半もの気候の変化に「引っ張り出したコートはどうすりゃいいの」といった声も聞こえる。

 あまり報じられていないが、気象庁はあの寒かった2日、気温の急上昇をニオわせるような予測をしていた。毎週月曜と木曜の14時30分、それぞれの5日後から14日後を対象として、気温の急変について「異常天候早期警戒情報」を発表。今回は警戒事項を「なし」としながらも、沖縄を除くすべての地方で「今後1週間程度は気温が高い見込み」と記したのだ。

 警戒情報は、対象期間のうち7日間平均気温が「かなり高い」か「かなり低い」の確率が30%以上になると、警戒あり。今回は30%未満と計算されたのだが、煮え切らない表記はどちらを信じればいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る