米サッカー協会が回数制限 ヘディングは脳や首にどう影響?

公開日:  更新日:

 コーナーキックを頭で合わせてズドン――ゴール前の空中戦で、ヘディングは重要な戦術のひとつだが、子供はやめた方がいいらしい。米サッカー協会は11日までに10歳以下の子供のヘディングを禁止するほか、11~13歳は練習中の回数制限を設けると発表した。

 協会傘下のナショナルユースやアカデミーに所属する選手が対象。実際にヘディング禁止を受け入れるかどうかは、各チームの判断に委ねられるという。日本のサッカー人口は、野球を上回る750万人に上り、小さいうちからスクールに通わせる親は少なくない。親にとっても、聞き捨てならない禁止規定だ。

 元日本代表GKの田口光久氏が言う。

「Jリーグ傘下のユースチームでは、小学生レベルでヘディングの練習をがむしゃらにやることはありませんが、地方などには根性論を振りかざして練習させる指導者がいるのも事実。今や米国のサッカーはメジャーだけに、日本も追随するかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る