• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米サッカー協会が回数制限 ヘディングは脳や首にどう影響?

 コーナーキックを頭で合わせてズドン――ゴール前の空中戦で、ヘディングは重要な戦術のひとつだが、子供はやめた方がいいらしい。米サッカー協会は11日までに10歳以下の子供のヘディングを禁止するほか、11~13歳は練習中の回数制限を設けると発表した。

 協会傘下のナショナルユースやアカデミーに所属する選手が対象。実際にヘディング禁止を受け入れるかどうかは、各チームの判断に委ねられるという。日本のサッカー人口は、野球を上回る750万人に上り、小さいうちからスクールに通わせる親は少なくない。親にとっても、聞き捨てならない禁止規定だ。

 元日本代表GKの田口光久氏が言う。

「Jリーグ傘下のユースチームでは、小学生レベルでヘディングの練習をがむしゃらにやることはありませんが、地方などには根性論を振りかざして練習させる指導者がいるのも事実。今や米国のサッカーはメジャーだけに、日本も追随するかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る