米サッカー協会が回数制限 ヘディングは脳や首にどう影響?

公開日:  更新日:

 コーナーキックを頭で合わせてズドン――ゴール前の空中戦で、ヘディングは重要な戦術のひとつだが、子供はやめた方がいいらしい。米サッカー協会は11日までに10歳以下の子供のヘディングを禁止するほか、11~13歳は練習中の回数制限を設けると発表した。

 協会傘下のナショナルユースやアカデミーに所属する選手が対象。実際にヘディング禁止を受け入れるかどうかは、各チームの判断に委ねられるという。日本のサッカー人口は、野球を上回る750万人に上り、小さいうちからスクールに通わせる親は少なくない。親にとっても、聞き捨てならない禁止規定だ。

 元日本代表GKの田口光久氏が言う。

「Jリーグ傘下のユースチームでは、小学生レベルでヘディングの練習をがむしゃらにやることはありませんが、地方などには根性論を振りかざして練習させる指導者がいるのも事実。今や米国のサッカーはメジャーだけに、日本も追随するかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る