頭が働くのは50代半ばから 脳の「出力性能」上げる3つの条件

公開日: 更新日:

 一生のうち、最も頭がよく働くのは50代半ばから――。人工知能の研究で導かれたこんな理論が注目されている。人の脳の出力性能が最大になるためだという。

「生まれてから最初の28年は脳は『入力装置』の役割を果たします。試験勉強や仕事を覚えるといった単純記憶の機能です。次の28年(28歳以降)で、脳は回路の優先順位を付けていきます。脳の回路が成功や失敗を経験し、何が重要か判断できる力を付けていきます。そして、次の28年(56歳)から84歳の間に脳は出力性能を最大にすることが分かっています。瞬時に正解が分かるのです」

 こう解説するのは、「感性リサーチ」代表取締役社長の黒川伊保子氏だ。

 このデンでいくと、定年間近のサラリーマン世代こそ、脳の働きが人生の中で一番活性化し、今まで以上の活躍が期待されることになる。黒川氏によると、出力性能を上げるためには次の3つの条件が必要だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る