さて、いくつ知ってる? 2015年・秋版「流行語敏感テスト」

公開日:  更新日:

 今年も終盤。すでに2015年ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語50語が公表され、来月1日には大賞が発表される。「爆買い」「安心して下さい、穿いてますよ。」「福山ロス(ましゃロス)」「マイナンバー」はよく耳にするが、あなたはどこまで知っているだろうか。

 そこで、今年ブレークしたキーワードを日刊ゲンダイが独断でピックアップしてみた。

【1】フレネミー
【2】刀剣女子
【3】佐野る
【4】びっくりぽん
【5】富豪キラー
【6】羽田圭介
【7】カズニョロポーズ
【8】じわる
【9】フロリダ
【10】TNJ女子

【1】フレネミー
 まずは今年の流行語ノミネート語から。フレンド(友)とエネミー(敵)を組み合わせた造語。表面上は友人を装っているが、裏では悪口や批判をする人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る