Hulu、Netflix…「動画配信サービス」お得なのはどれ?

公開日: 更新日:

 映画やドラマ以外も含めた幅広いジャンルの作品を楽しみたい人には、「Hulu」がお得だ。作品数は約2万本で月額933円。「dTV」に比べると割高に思えるが、日本のテレビバラエティー番組や海外ドキュメンタリーなどもあり、ヘビーユーザーにもってこい。「ウォーキング・デッド」などアメリカの人気ドラマの新作を随時配信するなど、海外ドラマにも強い。

■アダルトありのサービスも

 スマホでの視聴が中心なので、大画面向きの高画質映像でなくても構わない、という人なら「Netflix」も悪くない。視聴する画質によって料金が変わり、最低画質は月額650円。最低画質といってもDVDと同等で、「Hulu」と同様に海外ドラマが豊富である。

「ただしNetflixは今年9月に日本に上陸したばかりで、日本向けコンテンツの数は、まだまだこれからといったところ。好みの作品が豊富かどうか、無料期間を利用してじっくり探してみましょう」(井上氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る